ポケットWiFi 楽天モバイル

Rakuten WiFi Pocket

天

モバイルルーターサービスの内、WiMAXに次いで有名なのが楽天モバイルです。

 

楽天モバイルの「Rakuten WiFi Pocket」プランは今でも数多くのユーザーに慕われていますが、はたして他社よりも魅力的な部分や劣っている部分は一体どういった点なのでしょうか。今回はそちらについて見ていきたいと思います。

 

楽天モバイルは安い

Good

楽天モバイルの場合、WiMAXのように月額で○○円という料金形態ではありません。例えば大手キャリアauのピタッとプランのように、使ったデータ量に対してそれぞれで支払い料金が変わります。もし一か月の内に1GB未満のデータ通信量だった場合は、なんと実質料金が無料となります。3GBまでの場合は1,078円、20GBまでは2,178円。そして20GB以上の場合は3,278円という設定となっているため、一見すると他社よりも圧倒的にお得なのではないかと思えてしまいます。

 

ただ、端末の保証プランに加入しなければならないため、加えて月額715円の料金がプラスされ、実際にはWiMAX同様毎月4,000円ほどの料金を支払うことになると計算できますね。

 

もちろん、それでも安上がりではあると思いますが、楽天モバイルには実は致命的な欠陥が1つ存在します。

 

安さを実現するための代償?

代償

ハッキリ言って楽天モバイルユーザーは楽天モバイルサービスのことを良く思っていない人が多いです。なぜなら、クオリティが低いから。まずエリアが狭いという重大な欠点が存在します。外出先で自由にネットに繋ぐことができないし、通話の品質自体も低い。つまり電波が弱いことによる障害が厳しいということ。通話においても電波が影響しますので、対応しているエリアが狭く電波が弱いということは、携帯電話本来の機能が阻害されてしまっているようです。

 

また、安さを実現するために対応エリアを狭くしているだけでなく、カスタマーセンターの質においてもかなり悪質な模様。楽天モバイルコミュニティセンターではクレーム処理に対して真摯に向き合おうとせず、調査中という言葉を連呼しその場を凌ごうとするばかり。これではユーザーから見放されてしまっても文句が言えません。他にも、楽天内の関連サービスを契約させることで抱き合わせ商法をして結果的に楽天モバイルで契約をすると多くの金額を支払い続けることになるという話も聞いたことがあります。

 

さらに、楽天モバイルの場合、iphoneの自動アップデートに対する迅速な対応でされないため、何かしらアップデートが入ると定期的に電波が繋がらなくなるという問題もあるみたいで、正直言って「安かろう、悪かろう」のモバイルルーターサービスなのではないかと思います。

 

違約金が存在しない

たんぽぽ

そんな楽天モバイルですが、実は違約金が存在しないという魅力的な部分も存在します。携帯と言えば違約金。高額な料金を請求されるがために、わざわざ数年後まで料金を支払い続ける悪魔のシステム。誰もが一度は「あぁ・・・違約金を支払うくらないなら次の更新月まで使っておくか。」という経験をされたことはあるでしょう。しかし、実際に更新月になる頃には、綺麗さっぱり記憶の中から消えてしまっているものです。そして、また更新月が過ぎると思い出すんですね。すると「どうして私は更新月に解約しなかったんだ!」と後悔します。

 

ですが、楽天モバイルはいつ解約しても無料となっているため、違約金を一切支払う必要がありません。何年縛りというルールがないので、いつ解約してもOK。そういった意味ではとても良心的なサービスと言えるでしょう。